「天満天神梅酒大会2015」開催見送りのお知らせ

天満天神梅酒大会のサイトをご覧いただきありがとうございます。
本大会は過去8回の開催を重ね、お蔭様でたいへん多くの方々に認知していただける、大盛況のイベントへと成長いたしました。
しかしながら、開催期間の拡大や会場の盛況に伴い、運営面での準備や長期会場運営など年々負担が大きくなっている現状でございます。
本年度は、期間の短縮やコンテスト形式の中止なども検討いたしましたが、大会内容の変更ではなく、2015年度の開催見送りを選択させていただきました。
天満天神梅酒大会を楽しみにお待ちいただいておりました皆様へは、心よりお詫び申し上げます。
何卒ご理解とご了承賜りますようお願い申し上げます。

2014年12月1日
天満天神実行委員会委員長
天神橋商店連合会会長 土居年樹

歴代優勝銘柄

天下御免

2006年から始まった天満天神梅酒大会。歴代の優勝銘柄をご覧いただけます。

2010年度 優勝銘柄

2012年

今年で第四回目の開催となる天満天神梅酒大会。
梅酒文化の振興と発展を願い、2010年2月15日~2月21日の1週間、大阪天満宮にて開催いたしました。

本年度は前年度を大きく上回る157酒蔵から242銘柄がエントリー。
過去最高の19000票以上もの一般投票で選ばれた10銘柄(今回は同投票数により12銘柄)が最終審査に進出しました。
最終審査では、ソムリエをはじめとしたプロのブラインド審査で優勝が決定しました。

栄えある第四回大会の優勝梅酒はこちら!!
天下御免

天下御免

  • 梅酒部門優勝
  • 商品名

    子宝 大吟醸梅酒にごり

    酒蔵名

    楯の川酒造株式会社

    総評 シャンパンのように軽快で爽やかな味わい。トータルバランスが抜群にとれている。
      282

入賞銘柄

2位
商品名

鶴梅 完熟にごり

酒蔵名

平和酒造株式会社

総評 もぎたての梅の香り。口の中で広がる味と香りのバランスが素晴らしい。

2位

280.5
2位
商品名

十年熟成梅酒 聖

酒蔵名

聖酒造株式会社

総評 上質のシェリー酒を髣髴させる。濃厚で重厚感のある味わいは余韻も楽しめる。

2位

280.5
3位
商品名

小鼓 泡梅上

酒蔵名

株式会社西山酒造場

総評 マスカットのような爽やかな香り。微かに下に広がる刺激がキレの良さに繋がっている。

3位

278
4位
商品名

百年梅酒プレミアム

酒蔵名

明利酒類株式会社

総評 王道といった感じのにごり梅酒。華やかな桃のような香り、味わいは欠点が見当たらない。

4位

272.5
5位
商品名

請福 梅酒

酒蔵名

請福酒造有限会社

総評 スモーキーな香りと深い余韻の中にスパイシーさがあり複雑な味わい。

5位

271.5
6位
商品名

かぼすと梅酒のものがたり

酒蔵名

株式会社久家本店

総評 オレンジの皮をかじったような柑橘系のフレーバーが心地よい。

6位

266.5
6位
商品名

紀州 にごり梅酒 熊野かすみ

酒蔵名

プラム食品株式会社

総評 南国トロピカルフルーツのような印象で、舌触りのとろりとした感触もいい。

6位

266.5
7位
商品名

吉村しょうが梅酒

酒蔵名

株式会社吉村秀雄商店

総評 清涼感があり、口に含んだ瞬間に広がる独特の香味が食欲をそそる。

7位

264.5
8位
商品名

大吟醸梅酒三重大学

酒蔵名

寒紅梅酒造株式会社

総評 奥ゆかしい梅の香りと酸味のバランスが絶妙で、気品のある甘味が心を和ませる。

8位

261
9位
商品名

九州酒匠乃一座 テテ ヴェネツィア

酒蔵名

宗政酒造株式会社

総評 ラムネのような爽快なフレーバーが印象的。他の梅酒とは異質の次元にいる。

9位

257
10位
商品名

振ってぷるぷる ゼリー梅酒

酒蔵名

池亀酒造株式会社

総評 非常に個性的な舌触り。はちみつのように嫌味のない味わい。

10位

254.5
4位 商品名

百年梅酒プレミアム

4位
酒蔵名

明利酒類株式会社

総評 凝縮感のあるフルボディタイプ。シロップのような甘くふかい余韻が続く。

大阪府知事賞(一般投票第1位)

2位 商品名

鶴梅 完熟にごり

2位
酒蔵名

平和酒造株式会社

総評 もぎたての梅の香り。口の中で広がる味と香りのバランスが素晴らしい。

大阪市長賞(ビジュアル部門第1位)

天満天神梅酒大会2010最終審査 

審査委員

小宇羅明彦  様
|兵庫県 有限会社丹元商店
上田豊二  様
|愛知県 株式会社富屋酒店
乃万智臣  様
|愛媛県 株式会社乃万酒店
篠田俊志  様
|東京都 有限会社伊勢五本店
池田雄一  様
|宮城県 池田酒店
田中敏  様
|福岡県 田蔵
明星智洋  様
|医師 梅酒研究会会長
槇野博史  様
|日本腎臓学会理事長
岡山大学 医歯薬学総合研究科長
岡山大学 腎・免疫・内分泌代謝内科教授
橋本裕之  様
|リッツカールトンホテル大阪 代表取締役社長
金住哲子  様
|社団法人日本メンズファッション協会
FDC日本ファーザーズ・デイ委員会理事兼FDC副委員長
宮田健次  様
|日本ソムリエ協会認定 シニアソムリエ
古川豊明  様
|日本ソムリエ協会認定 シニアソムリエ
日本バーテンダー協会認定バーテンダー
萬川達也  様
|スペイン アンダルシア州政府 公認 ベネンシアドール
日本バーテンダー協会認定バーテンダー
熊田康則  様
|日本ソムリエ協会認定 シニアソムリエ
日本バーテンダー協会認定バーテンダー

審査方式

一次審査を通過した梅酒をブラインドで審査していただきます。
個々の梅酒にある固有の特性を認識していただき、
「個性」「香り」「アタック」「ボディ」「フィニッシュ」「総評」の6項目において審査してください。

審査におけるきき梅酒の目的
  1. 品質の良し悪しの評価
  2. 個々にある固有の特性の認識
  3. 第三者への伝達を目的とした香味表現。
きき梅酒の条件
  1. 公正であること(先入観を持たない、誘導しない)
  2. 誰にでも想像できる平易な表現であること(専門用語、造語などを使わない)
  3. 可能な限り多くのボキャブラリーを使うこと
  4. 簡潔であること
  5. 明るく開放的で楽しい用語を取り入れること
  6. 口頭、文面いずれからも伝達可能な表現であること
  • チェック

酒蔵さまへ

学生の方へ

トップへ